どこをチェック?ブライダルフェア活用術とは!

模擬挙式と模擬披露宴をチェック

模擬挙式ではモデルで再現した挙式になりますが出席者からの目線で、どう見えるか・立ち居振る舞い・挙式の流れを確認します。演出でリングリレーをしたり、出口でバルーンリリースをしたりと本番さながらの演出が期待できます。模擬披露宴で会場の音響・雰囲気・照明などを確認しドレスの色が映えるか・ケーキ入刀の演出などを確認します。ゲスト目線ですので、自分がどう感じたかも重要なポイントになり会場選びの基本中の基本です。

披露宴の料理をチェック!

ゲストの人が美味しいと思ってもらえる料理を出したいのが本望ですから、チェックポイントの一つです。美味しいだけでなく料理の出す順番やお品書きの注意点(アレルギー表示など)を確認します。デザートブッフェ等を考えているなら、ブッフェが試食会で出るのか確認する事も重要で中には予約しないと試食会に出席できなかったり、有料の会場もあるので必ず事前に確認しておきます。新郎新婦だけでなく親にも出席してもらうと親族の注意点(高齢者や子供)が確認できます。

他にチェックすべき項目とは?

衣装選びもフェアで出来ますので会場とのマッチングがチェックできます。相談会も併用で行う場合は式の内容確認だけでなくスタッフの人柄や相性をチェックしておくのも良いです。模擬会場以外の会場の飾りつけや装花を確認できますのでドレスの色に合わせるのか、演出に合わせた飾り付けにするのか最終確認をするにも便利です。ホテルやレストランなど会場によっても一長一短があり、会場までのアクセスなども含めて確認しておきます。

実際の式を挙げる前にブライダルフェアに参加をして細かい部分まで調べておけば満足出来る式場を選ぶことが出来ます。