こんなときどうする?結婚式のうまい断り方とは

まずは電話でしっかり謝りましょう

結婚式に招待されたとき、どうしても都合が合わずに断らなければならないということってありますよね。そんなとき、相手に不快な印象を与えずに招待を断るためにはどうしたらよいでしょうか。何かに断りをするというのはどうしても角が立ってしまいがちです。だからこそ、招待状を返信する前に電話でしっかりと事情を説明すると良いのです。そのときにもし病気や身内の不幸などの事情があった場合は、「やむを得ない理由で」など、事情を曖昧にしておくことがマナーのひとつです。

しっかりと欠席の返信を

電話で断りを入れたからと言って、招待状の返信を怠ってはいけません。招待状というのは、出席するにしても欠席するにしても必ず返信しなければならないものであり、それが礼儀なのです。電話やメールだけで欠席の連絡を簡単に済ませないで、しっかりと招待状に変身をするようにしましょう。その際、少し間をあけて返信をしましょう。新郎新婦の手元に初めて届いた返信が欠席では、相手をがっかりさせてしまうこともありますので、そのあたり、配慮してあげるとグッドです。

当日には電報でお祝いをしてあげましょう

結婚式に出席できないとはいえ、お祝いの気持ちを相手に伝えるというのは大事なことです。そこで電報を打って、結婚式当日に新郎新婦の下に届くようにしておくと、とても粋ですし、また新郎新婦にもたいへん喜ばれます。あまり知られていないかもしれませんが、電報はその種類がとても豊富ですし、結婚式用のものもたくさんあります。またインターネットでお手軽に手配することができるので、是非とも活用してみるとよいでしょう。

結婚式場を東京都内の有名なホテルに絞って探すならネットで検索して、見学予約をすることをおすすめします。